禁煙外来

こんなお悩みありませんか?

  • タバコをやめたいのにやめられない
  • 何度も禁煙に失敗した
  • タバコの体への影響が気になる
  • 子どものために禁煙したい
  • 家族から禁煙を迫られている
  • 喫煙場所が減ってきて不便
  • タバコ代が高い

当院の禁煙外来について

喫煙は、さまざまな疾患を引き起こす要因になっています。一般的には、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、不整脈といった循環器疾患、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性呼吸器疾患、肺がん、食道がん、喉頭がんなどの悪性腫瘍などが挙げられます。

また、ご自身の健康を害すだけではなく、同居するご家族にも喘息、気管支炎、肺がんなどの影響を及ぼす危険性があります。
タバコは体に悪いと思っていても、自分の意志だけではなかなかやめられないものです。当院では禁煙ガイドラインに基づいた医師の治療で、着実に禁煙をサポートいたします。

保険適用となる条件

以下の要件をすべて満たす方は、禁煙治療に保険が適用されます。

  • ニコチン依存症に係わるスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断された方
  • ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方
  • 直ちに禁煙することを希望し、「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療プログラムについて説明を受け、当該プログラムへの参加について文書により同意している方
  • 初めて禁煙治療を受ける、または前回の治療終了から1年以上経っている方

治療期間と治療方法

当院では、内服薬による禁煙治療を行っています。禁煙成功率は、ニコチンパッチを用いた治療に比べ約1.5倍です。

通院は初回、2週後、4週後、8週後、12週後の計5回です。
初回は喫煙状況などをチェックし、健康保険等で治療が受けられるかどうか診断します。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方や、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定します。禁煙状況に応じて、医師がアドバイスを行います。

院長からのメッセージ

タバコは血糖、血圧、脂質にも影響を及ぼすため、糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病の治療をする方は、禁煙も同時にされることをおすすめします。

禁煙の目的は、単にタバコをやめることではなく、幸せで健康な生活を送るためでもあります。院長自身の禁煙経験、さまざまな疾患に対する豊富な治療経験も活かし、禁煙ガイドラインに沿った的確なアドバイスをいたします。

「お医者さんと禁煙」で、楽に、着実に禁煙を目指しましょう。
禁煙したい方、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ご予約・ご相談はお気軽に

小倉北区にある あまのクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL:093-967-9186